【電話番号0350505837】相手先はイオンクレジット(イオンカード)でした

「0350505837」から着信があった場合の対処法

上記の電話番号から着信があった場合、その電話を無視せず、そのまま受けるようにしましょう。

すると、担当者、または自動音声で「引き落としができなかった」ということや、「当月分の支払い方法(コンビニ払いや銀行振込)を選んでください。」というようなことを伝えてきますので、指示に従って支払い方法などを決めていけばOKです。

ただ、その電話を受けることができずに着信履歴だけが残っているような場合、上記の番号(0350505837は発信専用)に折返し電話連絡するのではなく、以下の手順で対処していきましょう。

※この番号に折り返し連絡をした場合、自動音声で「(自動音声で)お客様の情報を調べています・・・→電話が切れる」という感じになってしまいます。

【STEP1】毎月2日のイオンカードの引き落としを確認する

上記の番号から着信があった場合、まず毎月2日に引き落としがちゃんとできているかどうか、銀行の通帳記帳などで確認してみましょう。

もし、引き落としがされていなかった場合、上記の電話番号からの着信は支払いに関するお知られだと推測できます。

イオンカードで引き落としができなかった場合、自分で指定された銀行口座に振り込むという形が基本になりますので、その具体的な方法はSTEP2でお話していきます。

ただ、ちゃんと毎月の引き落としが行われいることが確認できているような場合、その電話はイオンカードの貸付(キャッシング、ローンなど)に関する営業電話であることもあります。

こちら側に否がないことが確認できた場合は無視しておいてOKですが、どうしても気になってしまう場合は、下記のコールセンター(オペレーター直通番号)に問い合わせてみるのもいいと思います。

イオンカードのオペレーター直通番号

出典)お問い合わせ|イオンフィナンシャルサービス

【STEP2】指定口座に引き落としできなかった分のお金を振り込む

毎月2日のイオンカードからの引き落としができていなかった場合、上記の電話番号(0350505837)からの電話は利用代金の支払いに関するお知らせのことがほとんどです。

というのも、イオンカードは引き落としができなかった場合、自動的に再振替(例えば、翌月に2ヶ月分再振替してくれる)といったようなことはされず、自分で指定支払先口座にお金を振り込む必要があります。

お引き落とし口座がイオン銀行以外のお客さま
誠に恐れ入りますが、再度のお引き落としは行っておりません。 ご請求会社(イオン銀行またはイオンクレジットサービス)からのご連絡をお待ちいただくか、暮らしのマネーサイトMyPage、またはテレホンアンサー(自動音声応答サービス)にてお振込口座をご確認いただき、お振込みをお願いいたします。

引用)引き落としができなかった場合、どうすればいいですか。|イオンフィナンシャルサービス

このような場合は、以下の手順で引き落としされなかった分の振込手続きを進めていきましょう。

イオンカード振込先口座の確認と振り込み手順

まずMyPage(イオンフィナンシャルサービス)にログインします。

>>MyPage|イオンフィナンシャルサービス

※初めてログインする場合は、ユーザー登録が必要です。

マイページが開いたら、まずは今回引き落としできなかった分の請求金額を確認していきましょう。

イオンカードの請求額の確認

請求額がわかったところで、「お振込口座のご案内」というところクリックし、料金の支払先口座を確認していきます。

イオンカードの振込先口座情報

あとはこの口座に先程確認した金額を振込(振込手数料は自己負担)すれば、クレジットカードの料金を支払うことができます。

イオンカードの振込明細書

ちゃんと振込が出来た場合は特に「入金が確認できました」というような連絡はありませんが、逆に振込金額や振込人名義(クレジットカード登録者の名前で行う必要があり)などが間違っていた場合はイオンフィナンシャルサービスから電話連絡などがあります。

なお、イオンカードの請求額や振込先口座の情報は、下記のテレホンアンサー(自動音声)を利用することでも確認可能ですので、ご参考まで。

イオンカードのテレホンアンサーの電話番号

出典)引き落としができなかった場合、どうすればいいですか。|イオンフィナンシャルサービス

最後に一言

今回は、【電話番号0350505837の着信】相手先はイオンクレジット(イオンカード)でしたについてお話しました。

イオンクレジットサービスからの電話があった場合、それを無視してしまうと後々大変なことになってしまう可能性があります。

ただ、上記の方法で適切に処理すれば、これまで通りクレジットカードを使っていくことができます。

是非参考にしてみてください。

それでは!

スポンサーリンク

2ページ目(全2ページ中)
スポンサーリンク