【マイカーローン審査落ち】ローン通す裏技とその具体的な方法

車の名義を保証会社の名義にするという裏技

普通ならマイカーローンなど組めるはずのない私でもローンを組むことができるようになった裏技的方法とは、「車の名義を保証会社の名義にする」という方法でした。

そのことを聞いたとき私は一瞬「どいういうこと??」となりましたが、詳しい話を聞いていくと・・・

  • 車検証などに記載される「所有者」の欄に自分の名前が記載されるのではなく、保証会社の名前が記載される
  • ローンを完済するまで車を手放すしたり、乗り換えたりすることができない(逆に言うと、ローンを返済すれば完全に自分のものとなるためその縛りはなくなる)

ということでした。

どうしてそのようなことをすればマイカーローンを組むことができるのかというと、私が事業に失敗したりなどしてしまい、このマイカーローンが返済できなくなっても、書類上の所有者は保証会社となるため、面倒な書類上の手続き無しに車を差し押さえることができるということで、私のような低所得、信用度のない職業、借入があるような人にお金を貸すための保証会社側のリスクヘッジになるというわけですね。

この申し出を受けるかどうか迷いましたが、今乗っているミニバンがいつ壊れる分かりませんし、もしもミニバンが壊れてしまった時にマイカーローンの審査が必ず通るという保証もありませんでしたので、この条件(約70万、60回払い、月々1.5万円、金利9%)でマイカーローンを組むことにしました。

マイカーローンの審査落ち・・・意外な裏技でローン審査を通す方法

その後はとんとん拍子に事が進み、無事新しい車(とはいっても中古車ですが・・・)を手に入れることができました。

ちなみに、車の車検証の備考欄にはこのような注記が記載されており、この車の所有者はローン会社のほうにあることが一目で見てわかります。

マイカーローンに審査落ち・・・ローンを通す裏ワザ

ただ、このことは車検を依頼する時に車屋さんが知る程度ですので、日常生活をしていく上で誰かにこのことが知られると言うことはまず無いでしょう。

ローンの支払いが終われば、この所有者の情報を自分の名義に変えることが出来ますので、しっかりとローンを支払っていかなければなりませんね。

最後に一言

今回は、マイカーローンの審査落ち・・・意外な裏技でローン審査を通す方法についてお話しました。

実際にこの方法を使うためには、自分ではなく、車屋さんからマイカーローンの保証会社に提案してもらう必要があります。

もちろん車屋さんは車を売ることが仕事なので、マイカーローンを通すことについては前向きに行動してくれるところが多いですので、車を購入する際のローン審査に落ちてしまった場合は、一度この内容でローンが組めないか相談してみてはいかがでしょうか?

それでは!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



ローン審査

月々返済10万円超の借金返済日記

キャッシングやカードローン、リボ払いなどで300万円以上に膨れ上がった借金の返済は、本当に大変です・・・。

借金返済の決断から数年が経過し、ようやく少しつづ状況が改善してきました。

思い通りにはいかない厳しい現実と向き合う日々について紹介しています。

借金返済マニア
タイトルとURLをコピーしました