【ローン審査が通らない】自分の信用情報を確認する方法

信用情報に書かれている内容とは?

ここからは、ローン会社がCICの信用情報から何を読み取っているのかということについて考えて生きたいと思います。

【内容その1】クレジットカード情報

先ほど紹介したCICの信用情報の左上に着目してもらいたいのですが、赤枠で囲ったところに「クレジットカード情報 3/15件」と書かれていると思います。

CICの信用情報はクレジットカード毎に作成されている

実は、この信用情報は今使っているクレジットカードなどの情報だけではなく、過去数年間に渡って利用したクレジットカード毎に作成されています。

ですから、この場合は15枚分ものクレジットカードの情報が登録されているということになります。

ちなみに、このクレジット情報にはクレジットカードやカードローンだけではなく、住宅ローンやマイカーローン、携帯電話の割賦販売など、これまで私が関わってきたいろいろなクレジット情報がほとんどすべて記載されていました。

載っていなかったのは、日本学生支援機構の奨学金の情報だけだったように思います。

基本的には、すべてのクレジット情報は同じような形式で記載されていますから、ここからは先ほど写真で紹介したクレジットカードの情報の見方について詳しく説明していきます。

【内容その2】入金情報

まず、クレジット情報の下のほうに載っている入金情報というところを見てみましょう。

CICの信用情報の入金情報からちゃんと支払いが出来ているか確認できる

ここにはクレジットカードカード会社等への入金状況が過去に遡って24ヶ月分、つまり2年間分の情報が掲載されています。

「$」のマークはちゃんと支払いが完了していますということを意味しています。

このようなクレジット情報であれば、ローン会社も「この人はちゃんとローンを返済できる人だ」ということが分かるでしょう。

ただ、ここにクレジットカードやローンの支払いが遅れて「A」ががついたり、請求の一部だけしか支払わなかった場合につく「P」がついていたりすると、ローン会社は「あれ、この人大丈夫かなぁ・・・。」という風に感じてしまうでしょうね。

CIC開示報告書の記号の意味

出典) 開示報告書について|CIC

次のページでは、信用情報に書かれている内容その3~4についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました