【ローン審査が通らない】自分の信用情報を確認する方法

申込情報と利用記録について

CICの開示報告書にはクレジット情報だけではなく、申込情報と利用記録というものが添付されています。

ローンの審査は基本的には先ほどまでにお話ししたクレジット情報をベースに行われますが、ここから紹介する申込情報や利用記録なども審査の参考資料として活用されることがあります。

申込情報

私達がクレジットカードや消費者金融がローンなどの新規申込をする場合、法律により、クレジットカード会社やローン会社はCICに申込情報というものを登録しないといけません。

申込情報とは、、開示報告書の最後の方に以下のような形で公開され、ここを見れば、あなたがどこの会社に申込みをしたのか、登録元会社というところを見ればすぐに分かります。

CICの信用情報の開示(申込情報)

ただし、この情報を閲覧したクレジットカード会社や信販会社は、最終的に「どのローンに申込をしたのか?」ということまでは分かりません。

この申込情報は、今のあなたのクレジット情報が変わってくる、つまり新たにローンを組む予定があることを意味しており、ローン会社はこの情報を融資の審査の参考として活用しています。

注意しておきたいことは、新規申込というのは仮審査の依頼も含みます。

例えば、たくさんのお金がほしいからといって、おまとめローンなどを一気に申込してしまうと、「多重申込」と判定されて審査に高確率で落ちてします。

その他にも、なかなかクレジットカードの審査に通らない人が何度も別のクレジットカードの審査を申し込むようなケースもこの新規申込の欄がいっぱいになっているでしょう。

そのような場合も、ローン会社は「この人は別の会社で審査に落ちた=信用のない人の可能性が高い」というような悪いイメージを与えてしまうことは容易に予想できてしまいますよね?

ですから、闇雲にクレジットカードに申し込みをするのではなく、本命を1~2つ程度に絞って、この申込情報の保存期間である半年程度の期間をあけながら、半年毎にローンの審査をしていくのが良いでしょう。

利用記録

開示報告書の一番最後に添付されている利用記録とは、あなたが利用しているクレジットカード会社や信販会社が約期間中に個人信用情報を確認しにきた時の記録のことで、以下のようにクレジットカード会社は他社からの借り入れ状況や他社融資の返済状況を確認しています。

CICの信用情報の開示(利用記録)

あまりにも急に他社からの借入が増えたりした時は、キャッシングやリボ払いなどの限度額が引き下げられたり、利用を停止させられたりすることもあります。

おまとめローンだけではなく、クレジットカードやキャッシングなどの申込をする場合は、このようなリスクも考慮しながら進めていったほうがいいと思います。

最後に一言

今回は、おまとめローンの審査が通らない時は信用情報の開示を検討してみようということについてお話して来ました。

ローン会社はあなたが提出した申込書以外にも、このような信用情報を入手し、それを元に融資の可否を判断しています。

裏を返せば、ある程度時間をかけながらこの信用情報の見栄えをよくしていくことが出来れば、おまとめローンの審査に通りやすくなることが分かってきます。

また、よくあるケースで、既に結婚している場合は、信用情報の良い人がローンの申込をしたほうが、すんなりとおまとめローンを借りられることもあります。

>>【裏技】楽天カードローン審査に落ちからの100万円の借入成功術

>>【借換成功】住信SBIのMr.カードローン審査通過までの実記録

なお、代表的な3つの信用情報機関は以下の通り。

もし、おまとめローンの融資を断られることが続いた場合、一度あなたの信用情報を入手して現状を把握し、作戦を練り直してみてはいかがでしょうか?

ただし、私は上記3つの信用情報の開示をしたことがありますが、CICの情報の中に、JICCと全国銀行個人信用情報センターの情報も含まれていた。

また、CICの場合ネットで情報開示をすることが出来ますので、初めて情報開示をする場合はCICだけで十分だと思いますよ。

それでは!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました