【裏技】楽天カードローン審査に落ちからの100万円の借入成功術

一度は審査落ちした私が楽天カードローンからの借入に成功した具体的な方法

実は、数年前に私は脱サラして起業したわけなのですが、その影響で最初の1~2年間は年収が100万円以下になり、ようやく今年で年収が140万円になったという経緯があります。

私には妻と3人の子供がいたため、その間の生活費を賄うためにキャッシングやリボ払いを使いまくってきたために、このような状況(借り入れの総額が200万円を超えた・・・)になってしまっているわけなのですが、この間、妻には一切その事(借金をしている事実)を黙っていました。

>>【実録】リボ払い&キャッシングで膨れ上がった借金の返済ストーリー

徐々にではありますが、収入も上がってきていましたし、なんとかこれまでどおりのやりくりで借り入れたお金を返済していけそうな気もしていたのですが、世の中そんなに甘くありません・・・。

複数に分かれてしまった借り入れのために、月々の返済額が10万円を超えてしまった頃から、もう現金がうまく流れなくなってしまいそうだったのです。

お金をうまく回せなくなったら、先ほどお話した信用情報にも傷がつき始めますし、そうなったときにはこれまでに借り入れたところから一括返済を迫られる可能性もあります。

そこで返済ができなければ自己破産・・・という事態にもなりかねなかったので、最後の手段として残しておいた「妻に事実を告げて、返済に協力してもらう」ことにしたのです。

というのも、ここまで自分だけの力でなんとかしようと踏ん張ってきたので、妻は全く借り入れをしていない、つまり私が借り入れを断られた理由となった信用情報が真っ白(全く問題ない)状態であることは、これまでの研究調査から明らかだったからです。

妻に現状を告白し、話し合いをした結果、妻が楽天カードローンでお金を借りることに了解してくれ、妻の名義で楽天カードローンにWEB申込をしました。

楽天スーパーカードローンに申込

申込の翌日、妻のところに楽天カードから連絡があり、「融資限度額100万円、14.5%なら融資できます。」という連絡がありました。

これは楽天カードローンで一度落ちた私にとってかなり嬉しい結果だったのですが、私がこれまでに借り入れた借金の総額は200万円だったので、ここは強気に「目標の限度額200万円には届いていなかったので、カードを作るのをやめます。」と妻に伝えてもらうことに・・・。

すると「お金を借りなくてもカードを作るだけでもいいので、作りませんか?」という提案が楽天側からあったので、それなら他のカードローンなどと比較してみるのも一つの手だなと思い、その条件で融資を受けることとなりました。

そこからはトントン拍子で話が進んで行き、楽天カード専用スマホアプリで免許書などの写真データを送付し、ワクワクしながらカードが郵送されてくるのを待つことに・・・。

ついに楽天スーパーカードローンのカードが到着!

【再挑戦】妻の名義なら楽天カードローンを借りられるか?

WEB申込から2~3日後には、楽天スーパーカードローンのカードが郵送で届きました。

預金口座振替依頼書

封筒の中には預金口座振替依頼書が入っていて、これは一ヶ月以内に返信しなければいけないので、すぐに返信しておきました。

今回融資を受けたスーパーカードローンは、100万円借りても月々の返済額は15,000円です。

約30万円程度のリボ払いやキャッシングの月々の返済額はそれぞれ10,000~15,000円なので、今回借りる100万円を使ってそれらを一つにまとめてしまえば、毎月約30,000円ほど返済額が減ることになります。

それを実行するために、この楽天銀行スーパーローンのカードを使って100万円を引き出してみることに。

引き出し方は簡単で、スーパーカードローンのカードをコンビニATMに挿入し、4桁の暗証番号を入力後、必要な金額を入力するだけで、ATMからお金を引き出すことができました。

後は、そのお金を使ってこれまでに借りたそれぞれのリボ払いやキャッシングを繰り上げ返済していきました。

最後に一言

今回は、【裏技】楽天カードローン審査に落ちからの100万円の借入成功術についてお話しました。

一度は落ちた楽天カードローンだったのですが、色々と調査検討した結果、結果的にはローンの審査に通過し、目標としていた200万円の半額の100万円の借り入れに成功しました。

今回の経験の中で、何度ももうどうしたらいいのかわからなくなるほど気持ちが沈んだ時期もありましたが、めげずに「何か他に良い手はないか?」を考え続けることが出来たことが、良い結果に結びついたのだと思います。

現状を打破するためには、しっかりと現状を知り、その事実を受け止め、そこから対策を練る必要があります。

事実を受け止めることは少し悔しい、辛い思いをするかもしれませんが、それは一時的なことなので、そう割り切って前を向いて明日が今よりも1mmでも良くなるような選択ができるといいと思います。

それでは!

スポンサーリンク

6ページ目(全6ページ中)
スポンサーリンク